月経血培養検査

生殖器に何らかの菌が存在していて、それが不妊の原因となっているというケースがあります。
特に女性の場合は構造的に性器が菌に感染しやすいため、このようなケースが発生し易いようです。
そのための検査の中で「月経血培養検査」が有名です。

月経血培養検査というのは「結核菌」の有無を調べます。
結核というと、肺の病気と思いがちですが、肺に結核菌があると肺結核で、その他の器官も結核菌に感染します。
肺以外の器官に結核菌が感染すると、総称して「肺外結核」と呼びます。
そして、この肺外結核の中に、性器が結核菌に感染する「性器結核」も含まれます。

生殖器に結核菌がいると不妊の原因となります。
しかし、不妊治療をしっかりと行えば根治する事が可能です。
もし性器結核とわかったら、むしろ原因がはっきりしたので解決出来ると考えれば良いでしょう。

月経血培養検査の検査は、月経中に経血を採取し、結核菌の有無を調べます。
採取した経血は菌の培養だけで数十時間かかります。
検査結果がわかるまでには1-2ヶ月くらいかかります。

カテゴリー: 不妊症の検査   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>