子宮鏡検査と子宮卵管造影

不妊検査には多くの種類があり、特に女性の不妊検査の種類は多いです。
その中には子宮を検査するものが複数あります。
子宮は、当然ですが、妊娠から出産まで、最も重要な器官のひとつです。
ここに異常があれば当然不妊症の原因となる可能性が高いために、不妊治療を行う上での重大なポイントとなるでしょう。

主な子宮の検査には、「子宮鏡検査」と「子宮卵管造影」があります。

子宮鏡検査
この検査は、子宮の内部を子宮鏡(子宮ファイバースコープ)を使って撮影するというものです。
イメージとしては、胃カメラに近い検査、といえます。
子宮に器具を入れるというだけで怖いと思う人が多いかもしれませんが、子宮鏡は太さが3mm程度なので怖がる必要はありません。
ただ、中には痛みを覚える人もいるので、そういう時は鎮痛剤を使用する事もあります。

子宮鏡検査のメリットは、何といっても子宮内の様子を直接目で見ることが出来る点です。
不妊治療のためだけではなくて、ポリープ等や子宮体ガンの発見にもつながります。

子宮卵管造影
この検査は、子宮の内側や卵管などをレントゲン撮影するという方法です。
レントゲンなので、痛みを伴う検査ではありません。
胃のレントゲン撮影と同じように、バリウムなど、レントゲンに画像が移りやすくなるための「造影剤」という医薬品を飲みます。

カテゴリー: 不妊症の検査   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>