卵管障害

不妊の原因は女性側あるいは男性側にあるわけですが、まず女性側に考えられる要因について見ていきます。

不妊症の原因の約3割を占めているといわれているのが「卵管障害」です。

卵管は卵子が通る道です。
ここに障害が起こると受精卵が卵管を通り抜けられなくなります。
あるいは受精卵が子宮にたどり着けず、卵管に着床してしまうことになります。

卵管障害には色々な原因がありますが、多くは卵管が詰まっているか、もともと卵管が細いというのが多いようです。

そしてそれらの原因として、一般的には、クラミジア等の性感染症、子宮内膜症などがあります。
どちらの女性の病気として有名なもので、その数は増えています。

卵管障害は自覚症状がない事が多いので気づきにくいのが難点です。
そのため、卵管障害の発覚は、多くが検査の結果で始めてわかるというケースが大半です。

カテゴリー: 不妊症の原因(女性側)   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>