卵管疎通検査・卵管通気検査

卵管や卵巣は、妊娠にとって非常に重要な役割を担っています。
重要な器官なので、不妊の原因となる事も多いのです。
特に卵管は卵子と精子が出会い、受精卵もここを通って行きます。
つまり、卵管は妊娠という大変な作業の最初の舞台となるわけですね。

このように妊娠にとって非常に重要な卵管ですが、卵管は非常にデリケートな器官であり異常が起こりやすい場所でもあります。
ですから不妊治療の検査では、まず最初に卵管の検査を行います。

卵管の通りを確認する検査の総称を「卵管疎通検査」と言います。
具体的な主な検査として「子宮卵管造影法」と「卵管通気検査」があります。

「子宮卵管造影法」は、卵管に造影剤を入れてレントゲン撮影をする検査です。
この検査で卵管の状態がわかります。
卵管の閉塞や癒着、水腫などがないかの確認です。

「卵管通気検査」は、二酸化炭素(炭酸ガス)を使用した検査です。
ガスを子宮口から噴射し、子宮から卵管へと送ります。
そして送り込んだガスの圧力がどう変化していくかを見ていきます。
卵管に異常があると、正常な場合の圧力変化とは異なるので、すぐに問題ないかどうかがわかります。

カテゴリー: 不妊症の検査   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>