二人目不妊症

一度自然に妊娠したら、もう不妊症とは無縁だ、という風に考えるのが一般的だと思います。
しかし、実はこれは誤りです。
一人目を無事に出産しても、二人目のときに不妊となる可能性は十分にあるからです。
この様な状態、つまり二人目を妊娠できない状況を「二人目不妊症」と言います。

二人目不妊症の原因は、主に2つあり、ひとつは「年齢」で、もうひとつは「精神面」です。
つまり、既に一度子を儲けているという事は、肉体的な問題はないという事です。
ですが、妊娠する確率というのは年齢によって変わってきます。
特に女性に関しては、35歳前後が境目となります。
一人目の子供を30代前半で産み、二人目を35歳前後で欲しい…という場合では、二人目不妊症になる可能性があると考えられます。
この様なケースでは、不妊治療による改善もなかなか難しくなってきます。

そしてもうひとつの精神面ですが、基本的には女性側の問題です。

一人目を出産して、育児に追われる中で疲労やストレスを抱えてしまう事もありますし、出産の経験で大きなトラウマを背負ってしまったり、あるいは仕事に復帰したことでストレスを抱えこんだり、という理由が多い様です。
一人目の子を儲けた事で、精神的には楽になると思われがちですが、実際にはこれらの様な要因が発生してしまうという事です。

他にも身体が原因で二人目不妊症になりこともあります。
一人目の出産の際にクラミジアなどに感染し、卵管が詰まる等の肉体的理由です。
この場合には、不妊治療によって改善することが可能です。

カテゴリー: 不妊症の基礎知識   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>