不妊症のセルフチェック

不妊症というのは、健康な男女が結婚して通常の性生活を営んでいて、2年以上妊娠しない場合をいいます。
しかし統計上では、1年以内に妊娠する確率は約80%で、2年になると90%です。
つまり、1年以内に妊娠しない場合、あと1年待っても可能性は低いということですね。

不妊症と認定されるのは2年ですが、1年たっても妊娠しない場合は、セルフチェックをするとよいですよ。
たとえ1年であっても、子宝に恵まれないという状況は、女性にとっても男性にとっても、かなり辛いと思います。
その時点でたとえ不妊症の認定はされなくても、不妊治療のために病院へ行くべきです。

女性のセルフチェックは、「ホルモンバランスチェック」「おりものチェック」「子宮、卵巣チェック」という種類があります。
「ホルモンバランスチェック」は、月経不順がないか、生理痛が重くないかといったチェックやBMIの確認などを行います。
「おりものチェック」は、おりものの量や臭い、色に異常がないか銅貨を確認します。
「子宮、卵巣チェック」は、月経血の出血量などをチェックします。

男性のセルフチェックは、「睾丸チェック」「射精チェック」「EDチェック」等です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>