不妊症と治療

結婚する年齢層がどんどん高くなってきています。

特に女性の晩婚化は顕著で、少し前までは20代で結婚する人が大半を占めていましたが、近年では30代後半から40代になって結婚するという女性が増加してきています。

この様な婚姻年齢の変化に伴い、、ひとつの大きな社会問題として高齢出産がクローズアップされてきています。

女性が妊娠するのに最適な年齢は、20代前半だそうです。
それより早すぎても遅すぎても出産に対するリスクが大きくなり、特に高齢の場合は生まれてくる子供に何らかの問題が発生してしまう可能性が高くなるのです。
特に大きなターニングポイントとなるのは35歳だそうです。

そして、35歳を過ぎた女性が抱える出産に関する大きな問題のひとつに「不妊」があります。

35歳を過ぎると、妊娠する確率が急に低下してしまいます。
また、近年では35歳以下でも不妊症に悩む人が急増しているというデータがあります。
以前は、不妊治療を行う女性というと、30代から40代がほとんどでしたが、今では20代で不妊治療を受ける女性も非常に多くなってきています。

女性であれば、誰もが妊娠や出産に不安をおぼえます。
その中でも大きな問題である不妊について、基本的な知識を身につけましょう。

知識を得ることが不妊治療から妊娠へ進む道しるべとなります。

カテゴリー: 不妊症の基礎知識   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>