不妊症とは

不妊という言葉は、多くの人がその意味を理解している事と思います。

しかし、不妊症という言葉の正確な定義については、あまり理解されていないのが現状です。
一般的には、不妊症というのは漫然と「妊娠したくても出来ない状態」と考えていると思います。

しかしこれは、必ずしも正しい認識ではありません。
不妊症の症状としては「妊娠出来ない」で正しいのですが、正確には「2年」という期間が決められています。
つまり「性行為を行なっている状態で、2年以上妊娠できていない状態」が不妊症の正しい定義です。

通常ですと、妊娠のための性行為を行なっている場合、1年以内に妊娠する確率は80%だそうです。
そして2年以内に妊娠する確率は、90%にまで増加します。
つまり、残り10%のカップルが2年間努力をしても、妊娠できないという事です。
そしてこの10%に該当すると、理由に関係なく不妊症であるという事になるのです。

つまり2年以上妊娠しない状態が続いていると、その後も継続して子作りをしても上手くいかない確率が極めて高いという事になります。

そういう状況を改善させるためには不妊治療が必要なのです。

逆にいえば、不妊治療は、2年間という不妊期間があって初めて行なう治療なのです。
しかし、1年以内に80%の人が妊娠する事を考えると、その時点で不妊症の確率が高い事も確かです。

この時点で病院を受診するケースが多い様です。

カテゴリー: 不妊症の基礎知識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>