不妊治療の費用

中々妊娠しない場合は、病院で検査を受けてから不妊治療をすることになります。

不妊治療というのは病気ではないので、高額の医療費がかかるというイメージがありますね。

実は不妊治療と言っても色々な治療があり、すべてが高額というわけではありません。
最初は妊娠するための知識を医師から教えてもらって、試すことから始めます。
まず夫人体温計を買って、記録を付けるところからです。
何か月か、タイミング法を試みてうまくいかないときは、人工授精をすることになります。
人工授精は、イメージ的には最新医学を使うのですごく高額な感じですが、実際には1万5千円程度で出来ます。
しかも成功率が高いです。
我が家はこれで妊娠できました。

これが駄目だとすると、次は体外受精という事になります。
ここからは大変です。
1回30万円以上かかります。
高いです。

しかし、助成金の制度があるので自己負担はすごく少ないかもしれません。

ところが、ここに落とし穴が一つあります。
不妊治療助成金の制度には回数制限があるのです。

我が家は1回の人工授精で成功しました。
ところがこれを何回もやって駄目ということは、あります。
そして体外受精をやってもなかなかうまくいかないケースもあるのです。

助成金制度は、回数が6回までと決まっています。
6回で駄目なら国は面倒見ません、という冷たい制度です。

結論から言えば、1回あたりの治療費はそれほどかかりませんが、回数が増えていくと家計に響くようになるという事です。

カテゴリー: 不妊治療の費用   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>