不妊の検査

排卵日を考慮して、定期的に性行為を行っていれば、1年以内に妊娠する可能性は80%だそうです。
2年以内に妊娠する確率は90%だそうです。
つまり、1年目に妊娠しなかった人が、2年目で妊娠する確率はあまり高くはないという事です。

それが何を意味するのかというと、1年経過した時点で妊娠しない場合、かなりの確率で不妊症という事になります。

こういった事実がある以上、1年経っても妊娠しなかった場合は、不妊症かもしれないと疑い、病院で検査を受けた方が良いということです。
不妊の検査というと、なんだか恥ずかしい様な気がしてあまり行きたがらない人が多いようです。
しかしその後の不妊治療の効果を考えるとなるべく早く検査する方が良いと言えます。
不妊治療の効果を高めるためにも、なるべく早く検査をする方が望ましいでしょう。

検査を受けに行く場合は、女性だけではなくカップルで行く事が必要です。
理由は、不妊症の原因は男女両方にある可能性があるためです。

検査に行く病院は、不妊治療を積極的に行っているところを選ぶ事が一番良いと思います。
最寄りに不妊治療を専門に行っている医療機関があるかどうか探して、受診してみてください。

カテゴリー: 不妊症の基礎知識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>